「花道」なんかじゃない 上野が最終回に再登板した本当の理由

13年越しの連覇 東京五輪ソフトボール決勝の真実㊤

 東京五輪でソフトボール日本代表は金メダルを獲得し、前回実施された2008年北京五輪から連覇を果たした。東京五輪を「競技人生の集大成」と位置づけ、全身全霊を注いだ宇津木麗華監督。永遠のライバル米国を破った決勝戦の舞台裏を記す。

   ◇   ◇

 ソフトボールはスタメン出場した選手が交代後も1度だけ再出場できる。東京五輪で話題になった「リエントリー」だ。米国との決勝では先発した上野由岐子(ビックカメラ高崎)を6回の途中でいったん退かせ、後藤希友(トヨタ自動車)を挟み、最終回の7回に再び上野を送った。39歳の大エースの「花道」と受け取った人もいたようだ。

 実際は違う。確実に勝利をつかむには上野しかいなかった。采配に情は要らない。

 決勝の後藤は本調子ではなかった。6回1死一、二塁から三塁を襲った3番打者の痛烈なライナー。外角のボール気味のチェンジアップで緩急の差が効いていなかった。打者がバットを出しやすい球で、三塁手の山本優(ビックカメラ高崎)は打球の予測がしにくかったはず。私も同じポジションだったから分かる。よく反応して体に当てた。

 宙に浮いた打球を遊撃手の渥美万奈(トヨタ自動車)が好捕し、ベースカバーの二塁手の市口侑果(ビックカメラ高崎)へ素早く送球して併殺が完成した。日本にとっては最高の結果。それでも手放しでは喜べなかった。

 後藤のあのチェンジアップに危うさを感じた。アドレナリンが出過ぎたのか、緊張していたのか。いずれにしても平常心ではないように映った。打者のタイミングも合っており、三塁へのライナーで助かった。米国の中軸は片手でも本塁打にする力がある。私は、運が良いな、と感じた。

 この試合、日本には三つの「運」があった。最初は初回、左の2番打者に浴びた中越え三塁打。これも本塁打にならなくて済んだ。前日までスラップ(走りながら打つ)打法だったのに、どっしり構えて強振された。明らかに1次リーグの米国とは違った。

 二つ目は、初回1死三塁から捕手の我妻悠香(ビックカメラ高崎)がそらした球が、ホームベース後方の青いラバーに当たり、はね返ってきたこと。バッテリーのミスが救われた。普通なら止まるか、違う方向へ転がるのに、我妻が処理しやすいところに戻り、上野の完璧なタッチプレーで先制点を阻止した。三つ目が、前述した後藤のチェンジアップだ。

 あの併殺プレーの時点で、これ以上「運」に甘えてはいけないと、私は即断即決した。運を天に任せっ放しではいけない。コーチの山路典子さんにも相談して「大丈夫だったら(上野をリエントリーで)いくよ」と伝えた。上野が試合途中で心身の集中を切らすはずがない。最後の力を振り絞って、隙を与えなかった。

 上野の再登板には、別の理由もあった。今大会の後藤はフル回転して、何度もピンチをしのいでくれた。ソフトボール界の未来、何より彼女自身のためにも「傷」をつけたくなかった。無失点で終わらせて「また、次も頑張ろう」と、ポジティブな気持ちで五輪を締めくくらせることも大切だった。自信を持つことは可能性を秘めた20歳のさらなる成長につながる。

 トータルで導き出した答えが「上野しかいない」だった。(ソフトボール女子日本代表監督)=つづく

 東京五輪のソフトボール決勝 日本が1次リーグでサヨナラ負けした米国に2-0で勝利。北京五輪以来13年ぶり2度目の金メダルを獲得した。4回に渥美万奈(トヨタ自動車)の内野安打で先制。5回には藤田倭(ビックカメラ高崎)の適時打で加点した。先発の上野由岐子(ビックカメラ高崎)が2安打無失点と好投。6回に先頭打者の出塁を許すと、左腕の後藤希友(トヨタ自動車)を投入。内野陣の好守もあり、ピンチをしのいだ。7回は再登板した上野が無失点で締めくくった。

 ◆宇津木 麗華(うつぎ・れいか)1963年6月1日生まれ。中国・北京市出身。元中国代表。88年来日、95年日本国籍取得。現役時代は内野手で日本代表の主砲、主将として活躍し、シドニー五輪銀メダル、アテネ五輪銅メダル。2003年に日立&ルネサス高崎(現ビックカメラ高崎)の選手兼任監督就任。04年に現役引退後は11年から15年まで代表監督を務め、12、14年の世界選手権優勝。16年11月、再び代表監督就任。群馬女子短大を聴講生として卒業。右投げ左打ち。

※この記事は、西日本新聞で連載中のコラム「麗しき夢」の第45回として執筆されたものです(2021年8月13日掲載)。

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR