大雨土砂崩れ相次ぐ 雲仙温泉街「腰まで雨水たまる」

 九州北部に延びる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県内では14日も大雨が続いた。気象庁は同日未明、大雨特別警報を発表。長崎市や佐世保市など6市町は約70万9300人を対象に、最も危険度が高い場合の避難情報「緊急安全確保」を出して、土砂災害などに警戒を呼びかけた。

 雲仙市小浜町で13日早朝...

残り 500文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR