記憶の伝え方

 満州生まれの父方の祖父は、学徒動員で長崎の兵器工場に派遣され、爆心地から2キロの地点で被爆した。母方の祖母は、214人が犠牲になったとされる久留米空襲の経験者だった。2人の戦争の記憶を、子どもの頃からよく聞かされていた。

 6月、平和学習について福岡市の小学校の先生を取材した。...

残り 215文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR