キングダム展の隠し味

 古代中国の戦国時代で、合戦の日々に身を投じる少年の信(しん)と、後に秦始皇帝となる嬴政(えいせい)の青春を描く大ヒット漫画「キングダム」の大規模な原画展が福岡市美術館で開かれている。

 作者は佐賀県基山町出身の原泰久さん(46)。史記などの古典を基に、酸鼻を極める戦いを生々しく描くが、それは誇張などではなく実際にそうだった。...

残り 977文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR