熊本県内14地点で総雨量700ミリ超 地滑り、のり面から水「とても怖い」

 停滞前線の影響で、熊本県内は18日も雨が降り続いた。降り始めからの総雨量は午後5時現在、26観測地点のうち14地点で700ミリを超え、各地で道路の崩落や地滑りなどが相次いでいる。19日も「警報級」の大雨となる可能性が高く、熊本地方気象台は土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

 18日午後5時現在、降り始めからの総雨量は、山鹿市鹿北1040・5ミリ▽天草市本渡840・5ミリ▽南阿蘇村久木野790・0ミリ▽五木村783・0ミリ-など。19日にかけても1時間に40~50ミリ、同日夕までの24時間に120ミリの大雨が予想されている。

 土壌は既に大量の水分を含んでおり、まとまった雨が降ると土石流や地滑り、崖崩れの危険性が高まる。あさぎり町皆越では17日午後5時半ごろ、町道が幅10メートル、高さ3~4メートルにわたって崩れ、路肩に停車していた乗用車が転落。運転していた男性会社員は車外に出ていて無事だった。

 熊本市中央区新屋敷3丁目では17日夜、用水路「大井手」の護岸が約15メートルにわたり崩落した。17日に地滑りが確認された天草市本渡町広瀬の大矢崎地区では、最高レベルの避難情報「緊急安全確保」を18日も継続しており、近所の50代男性は「のり面から水が噴き出していて、とても怖い。こんなことは初めて」と話した。 (金子寛昭、綾部庸介、中村太郎、古川努)

熊本県の天気予報

PR

PR