縁遠い存在

数日前、あるニュースリリースの発信先に電話した。話していると先方が「連絡がくるとは思っていなかった」とぽつり。新聞記者は「遠い存在」という意識があるとのこと。今、新聞購読はしていないという▼テレビ番組に出演した先週、放送直前にやりとりした旧知の取材先は「家にテレビがないので見られない」。2人は私と同...

残り 196文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR