【動画】海岸守る島育ちの大学生 楽しい清掃活動へ知恵出し合い

 長崎県五島市の五島高出身の大学生らが、環境グループ「maiPLA(マイプラ)」を結成し、各地の海岸活動の助っ人として活躍中だ。ドローンを操って上空からごみの分布状況を撮影したり、ごみを並べた文字アートを会員制交流サイト(SNS)で発信したりして、清掃を楽しいイベントに変える。20日には、福岡市西区の海岸で、今月の大雨で流れ着いたとみられるごみの回収作業も計画している。

 7月下旬、福岡県宗像市の離島・大島にある「沖津宮遥拝所(ようはいしょ)」に海岸清掃に取り組む市内外の約50人が集まった。4年前に世界文化遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産の一つだ。よく晴れた水平線に沖ノ島が浮かんでいる。...

残り 800文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR