広島気象館と黒い雨

 丘の上にある広島市江波山(えばやま)気象館(旧広島地方気象台)を訪ねた。原爆の爆心地から海側に3・7キロ。屋上から市街地を一望でき、盛夏の積乱雲が被爆の日を思わせる。

 いわゆる黒い雨は原爆雲から変わった積乱雲が降らせた。2階に関連資料が展示されている。

 <降雨継続時間 分布 昭和二十年八月六日>...

残り 888文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR