築城基地所属の戦闘機から部品落下

 航空自衛隊築城基地(福岡県築上町など)は19日、飛行訓練中のF2戦闘機から部品のカバーが落下したと発表した。部品は見つかっておらず、被害の報告はないという。

 基地によると、落下したのは、主翼下にある外付け燃料タンクの支柱を覆うステンレス製の部品(縦約4・5センチ、横約4・5センチ、高さ約4センチ、重さ約210グラム)。18日午後、基地から九州西方の東シナ海洋上までの間で落下したという。訓練後、機体を点検してカバーがないのが分かった。

福岡県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR