JR駅で犠牲の知人を本に

【カギョ 日韓をつなぐ人】

釜山市の出版社代表 張鉉政さん(45)

 2001年1月、東京都新宿区のJR新大久保駅で、線路に落ちた人を助けようとした韓国人留学生らが列車にはねられ亡くなった。当時、事故のニュースは耳にしたが、犠牲になったのが知り合いの李秀賢(イスヒョン)さん=当時(26)=だと知ったのは数年後だった。「友人に伝えられ、まさかと思った。当時は20代で悲しむというよりも本当か、夢じゃないかと疑った」...

残り 662文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR