希少「オニバス」大繁殖…種が“目覚めた”原因は? 小郡市の大保池

 福岡県小郡市大保の大保池で、市指定文化財(天然記念物)のオニバス群落が大繁殖している。最大2メートルのオニバスが池の大半を埋め尽くし、折り重なるようにして繁茂している。市文化財課は、池を通る道路の工事によって、池の底の泥がかき混ぜられて、休眠性の種が目を覚ましたのではないかと推測している。

 オニバスは環境省が絶滅危惧2類とする希少植物で、国内に自生する最大の一年草。春に発芽し円...

残り 503文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR