水害から1年の球磨村 水山真人

 田畑のほとんどは泥をかぶったまま雑草が生い茂る。季節ごとの畑仕事はできない。仮設住宅の高齢女性は「夜寝られない」とこぼす。

 昨年7月の豪雨災害を取材した熊本県球磨村を久しぶりに訪ねた。被災者の支援拠点だった渡地区の雲泉寺で区長の大原伸司さん(67)に村の現状を聞いた。「復旧は、まだ何も終わっていない」。その一言が全てを表していた。...

残り 873文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR