【速報】工藤会トップに死刑判決 市民襲撃4事件に関与認定 福岡地裁

 市民襲撃4事件で殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)の罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)トップで総裁の野村悟被告(74)と、ナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)の判決公判が24日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は求刑通り野村被告に死刑、田上被告に無期懲役を言い渡した。両被告は一貫して無罪を主張していた。

 判決は福岡県警が2014年から進めてきた「壊滅作戦」の行方を左右するだけでなく、今後の暴力団捜査に影響を与える可能性があり、司法判断の内容が注目されていた。

 足立裁判長は、野村被告を1998年の元漁協組合長射殺事件の首謀者と認定。さらに野村被告の指揮命令に基づき、2012年に元福岡県警警部を銃撃し、13年に看護師、14年に歯科医師を刃物で刺して殺害しようとしたと述べた。

 公判は19年10月に始まり、21年3月まで計62回開かれた。両被告の関与を示す直接的な証拠はなく、指揮命令の有無が最大の争点だった。

 検察は関与を立証するため、検察側だけで延べ88人の証人尋問を行うなどして間接的な証拠を積み上げた。工藤会は上意下達の厳格な組織性があるとし、4事件が計画的、組織的に行われた点を踏まえ、野村被告らを「首謀者」と位置づけた。

 港湾事業に影響力があったとされる元組合長と、その孫の歯科医師を襲撃した背景には利権に介入したい両被告の思惑があったと説明。元警部の銃撃は県警の捜査への不満などがあったからだとし、看護師の襲撃は野村被告が受けた下腹部手術を担当しており、対応に不満を抱いていたことが動機だと主張した。

 弁護側は、検察が立証の軸に据えた主要証人の証言を「虚構か、わいきょくされた可能性が大きい」などと全否定。「検察は独善的な推認に終始した」と反論していた。

 田上被告が02年、今回と同じ容疑で逮捕され不起訴となった元組合長事件について「公訴権の乱用で、壊滅に追い込もうとする刑事政策的な判断で強引に起訴した」と批判した。

 野村被告は工藤会の上納金を巡り約3億2千万円を脱税したとする所得税法違反罪にも問われ、最高裁が被告の上告棄却を決定。懲役3年、罰金8千万円とした一、二審判決が確定している。

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR