九州新幹線で荷物輸送、拡大へ 博多-熊本導入へ実証実験

 JR九州は九州新幹線で小型の荷物を輸送するサービス「はやっ!便」について、現在の博多-鹿児島中央間に加え、博多-熊本間に導入するための実証実験を始めた。両駅間の荷物の受け渡しに要する時間は最短2時間弱を見込み、秋以降のサービス開始を目指す。

 「はやっ!便」は、新型コロナウイルス禍で利用客が落ち込...

残り 341文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR