福岡、今季無敗の川崎撃破 J1残留へ弾みつける大金星

 ◇明治安田生命J1第26節 福岡1-0川崎F(25日、ベスト電器スタジアム)

 J1残留に弾みをつける大金星となった。福岡は後半21分、クルークスが右サイドから左足でシュートを放つとボールはゴール左隅に吸い込まれた。「前よりもより美しいゴールができた。大切な試合で決めることができてよかった」と喜びを爆発させた。

 川崎は今季、リーグ戦25試合に加え、天皇杯、ACLなどでも35試合にわたって黒星がなかった。長谷部監督は「果たして(ボールを)奪えるのだろうか、奪いどころがあれば教えてほしい」と話しながら「皆さんの期待している土をつけるところはチャレンジしたい」と虎視眈々(たんたん)と大金星を狙っていた。前節アウェー名古屋戦から中2日で迎えたこの日の試合は先発9人を入れ替えて王者をホームで迎え撃った。

 前半は細かいパスでゴール前に何度も進入する相手に対し、人数をかけて防ぎ、GK村上も好セーブを見せた。「前半に粘り強く守ることで、後半の流れに持ってこられた。攻守にわたって自分たちのスタイルが前面に出せた」と長谷部監督が振り返るように、後半は試合終了まで攻撃のチャンスをつくり続け、劇的ゴールにつなげた。

 「誰もが負けると思っていたと思う。(この勝利は)今シーズンの最後までつながっていく」。長谷部監督の言葉が自信に満ちてきた。

 (鬼塚淳乃介)

関連記事

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR