ペシャワール会、アフガンで診療所再開 地元住民の要望受け

 アフガニスタンで人道支援活動を続ける非政府組織(NGO)「ペシャワール会」は25日、情勢不安を受けて休止していた診療所を再開したと明らかにした。治安状況と地元の要望を踏まえて判断した。

 21日に診療を再開したのは、同国東部ナンガルハル州の山間部にあるダラエヌール診療所。15日から休止し、勤務する現地の医師や看護師、薬剤師ら14人は自宅に待機していた。周辺では戦闘や混乱は起こっておらず、安全性は確保されていると判断。周辺では唯一の医療機関で、住民から再開を要望する声も強かったという。...

残り 221文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR