やむなく選んだ「独り立ち」 家族との適度な距離、生活に落ち着き

「親亡き後」見据えて(6)

 自傷や睡眠障害など、重い自閉症や知的障害がある人にみられる強度行動障害。日々の見守りに疲弊し、将来を憂える親たちは少なくない。

 福岡市の財部志穂さん(47)は2年前、状態が悪化した息子の雄斗さん(18)を自宅から離れて独り立ちさせる「サテライト生活」を実現。多くの...

残り 1837文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR