工藤会トップが控訴 「脅しや報復の意図ない」法廷での発言を釈明

判決不服として控訴

 特定危険指定暴力団工藤会トップで総裁の野村悟被告(74)が死刑判決を言い渡した福岡地裁の裁判長に「生涯、このこと後悔するよ」などと発言したことに関して、野村被告の弁護人は26日、報道陣の取材に応じ、野村被告は「脅しや報復の意図ではない。言葉が切り取られている」という趣旨の説明をしていることを明らかにした。弁護人は野村被告が25日、判決を不服として控訴したことも明らかにした。

 野村被告は、24日の判決言い渡し後、裁判長に「なんだこの裁判は。全然公正やない。あんた生涯、このこと後悔するよ」などと発言した。無期懲役の判決を受けたナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)も「ひどいな、あんた」と述べた。福岡県警は「司法関係者に危害が及ぶ恐れがある」と判断し、これまで以上に警戒を強化していた。

福岡県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR