宮崎県、まん延防止対象は宮崎市と日向市、門川町 終日の酒類提供禁止

 宮崎県は26日、国の新型コロナウイルス特措法に基づく「まん延防止等重点措置」の初適用を受けて対策本部会議を開き、宮崎市と日向市、門川町を対象地域に指定した。3市町の飲食店や百貨店など大規模集客施設に対し、午後8時までの営業時間短縮と、酒類の提供は終日行わないなどの要請を行うことを決めた。期間は27日~9月12日。

 大規模集客施設等は床面積千平方メートルを超える百貨店などが対象で、人数管理・制限などを求める。一方、飲食店には営業時間短縮や酒類提供の自粛に加え、カラオケ設備の利用自粛が要請される。いずれも要請に応じない店舗には知事が「命令」を出し、従わない場合は20万円以下の過料を科すことが可能になる。

 県は既に発出済みの県独自の緊急事態宣言と、県内の飲食店に対する午後8時までの営業時間の短縮要請(酒類提供は午後7時)をいずれも期限の31日から9月12日まで延長する。重点措置と時短協力店には協力金が支払われる。県主催のイベントは当面、延期かオンライン開催とする。

 河野俊嗣知事は「関係者らと連携して強い対策を打ち出し早期の沈静化を図りたい」と語った。

 県は自宅・宿泊療養者の重症化リスク低減に向けて、宮崎大学病院(宮崎市)と連携、予防的措置として抗体カクテルの投与を26日から開始したことも明らかにした。

 (佐伯浩之)

宮崎県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR