【動画】「博多発祥」の名物中華 福新楼の皿うどん、愛され100年超

福岡を食べる】 

 ほどよくしんなりしたキャベツ、モヤシ、豚肉に中太の中華麺。具材と麺を一緒にほおばると、食材すべてのうま味と香ばしさが口の中いっぱいに広がった。味わいと食感、ほどよい油っぽさ。麺の腰がなんとも言えず、食べるほどに食欲がわく。一気に食べ終わった。

 福岡市の老舗中華料理店「福新楼」(同市中央区今泉)の看板メニュー「博多皿うどん」だ。中国・福建省出身の初代、ちょうさんが1904年ごろ、現在の博多区中洲に店を構えて考案した。以来、100年以上、博多っ子に愛され続ける。...

残り 1283文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR