豪雨の復旧工事、一段落 サイタホールディングス(福岡県朝倉市) 才田 善之社長 

 建設業や砕石業を手掛ける。福岡県朝倉市などに大きな被害をもたらした2017年の九州豪雨に伴う災害復旧関連工事が減り、21年6月期連結決算は5年ぶりの減収となった。経常利益は、関連会社の業績が好調で増益だった。次期予想は減収減益で「復旧関連工事はあと1、2年で落ち着き、災害前の状態に戻る」とみている...

残り 155文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR