JR九州、嬉野に温泉宿泊施設開発へ 新幹線との相乗効果期待 23年度の開業目指す

 JR九州は26日、佐賀県嬉野市で温泉宿泊施設を開発すると発表した。全室に源泉掛け流しの風呂を設け、嬉野温泉の魅力を発信する。来年秋ごろに武雄温泉-長崎間で暫定開業する九州新幹線西九州(長崎)ルートとの相乗効果で集客を図り、地元自治体のPRにもつなげる。

 開発するのはもともと温泉旅館があった場所で...

残り 209文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR