武雄市のふるさと納税返礼品、9月に再開 業者と契約解除、遅れ解消へ

 佐賀県武雄市は27日、発送が遅れているふるさと納税の返礼品約2万7千件分について、募集や発送を担う業務委託業者との契約を今月末で解除し、返礼品の内容を見直した上で、9月中に発送を再開する方針を明らかにした。今後は市が直接業務を行う。27日の市議会全員協議会で報告した。

 遅れているのは寄付額1万円の返礼品3種類。価格高騰などで当初の内容では「返礼品の調達費は寄付額の3割以下」とする国の基準を満たせないとして、2020年産の県産米「さがびより」15キロを21年産の9キロに、佐賀産和牛切り落とし1・2キロを佐賀産黒毛和牛500グラムと佐賀産豚700グラムのセットなどに見直す。

 ...

残り 152文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR