「福岡県子ども食堂ネット」31日オンラインで初総会

 福岡県内の子ども食堂が交流する「県こども食堂ネットワーク」(県ネット)が31日午後2時半から、発足後初の総会をオンラインで開催する。県内には福岡都市圏や北九州市に地域のネットワークはあるが、県単位のネットワークができるのは初めて。交流会や研修会を通じて、運営者同士が助け合ったり、ノウハウを共有したりするのが目的。県ネットには130の子ども食堂が登録しており、新たな参加団体も募っている。

 会員はビデオ会議アプリ「Zoom」で参加し、総会で役員や事業計画を決めた後、NPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」理事長の湯浅誠・東京大特任教授が「こども食堂と私たちの地域・社会」と題して記念講演する。

 総会は当初、5月に開催予定だったが、感染拡大で延期されていた。

 代表に就任予定の大西良・筑紫女学園大准教授は「コロナ禍で食堂をどう運営すればいいか、悩んでいる人は少なくない。より多くの子どもたちを支援するため、仲間とつながり、運営のヒントが得られる場にしたい」と話している。

 参加無料。総会は会員限定で、湯浅さんの講演は誰でも参加できる。申し込み方法は、NPO法人「チャイルドケアセンター」のホームページ(http://npo-ccc.net/)に掲載している。

 (伊藤完司)

関連記事

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

開催中

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR