ゴルゴは失業しなかった

 漫画「ゴルゴ13」の単行本第201巻が7月に刊行され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として世界一に認定された。連載第1回の掲載は東西冷戦まっただ中の1968年。以来53年間、主人公のゴルゴ13ことデューク東郷は、世界のあらゆる権謀術数の現場で狙撃の仕事を重ねてきたことになる。

 ところで漫画にまつわる都市伝説で私がこれまで一番笑ったのは「ゴルゴの作者はゴルゴの顔をハンコにしているらしい」である。徹底的に無表情なゴルゴなら、いちいち描かずに何種類かのアングルのハンコを押すだけで済みそうだ。

 もちろんこれは伝説にすぎず、実際には作者のさいとう・たかを氏がちゃんとゴルゴを描いている。下書きの後、ゴルゴのあの眉毛をいきなりフェルトペンで塗り始めるのだ。...

残り 1006文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR