殺人ロボット兵器の薄ら笑いが…

内戦下のリビアで昨春使われた小型無人機(ドローン)は“殺人ロボット兵器”だった可能性がある、と国連安保理の中で先々月報告された▼ニュースになる機会が最近増えた「自律型致死兵器システム」(LAWS)のことだ。敵の選別から攻撃の決断まで人工知能(AI)が行い、人間は介在しない。火薬、核兵器に次ぐ戦争の「...

残り 420文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR