外見の差別、許さない環境を 久留米の中3女子自殺が問うもの 心理士「丁寧なサポート必要」 

 生まれつきの特徴や病気による顔の形や色を中傷され、悩みを抱える人たちがいる。2019年7月に自殺した、福岡県久留米市立中3年の女子生徒もその一人だった。リンパ管腫という病気で生まれつき右頬が膨らみ、小中学校で心ない言葉を浴びていた。夏休みが明けて学校が始まる中、同様の悩みを抱えてきた人たちは「差別...

残り 2016文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR