尽きない遠賀川への興味【かわすじ今日談】

 全地点で基準値達成 遠賀川水系水質20年調査-。7月24日付の筑豊版に、こんな見出しの記事が載った。発表したのは国土交通省遠賀川河川事務所(福岡県直方市)。記事を読んだ率直な感想は「20年前より、だいぶんきれいになったんだ」。

 遠賀川の流域では毎月1回、14地点で生物化学的酸素要求量(BOD)を調べている。BODとは、水中の汚れを微生物が分解する際に消費する酸素量。数値が大きいほど水が汚れていることを示す。1リットル当たり1ミリグラムだと「川遊び可能な水質」、0・5ミリグラムなら「清流」とされる。河川の区間ごとにBODの環境基準値が定められていて、これを下回ればよい。

 同基準値は遠賀川の場合、14調査地点のうち12地点が3・0ミリグラム、残る2地点が2・0ミリグラムと設定。2019年の調査では3地点で基準値を上回ったのに対し、20年はすべての地点でクリアしたことを、先月下旬の筑豊版の記事は伝えていた。...

残り 1144文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR