飯塚市と嘉麻市が妊婦にワクチン優先接種

 福岡県飯塚市と嘉麻市は、新型コロナウイルスワクチンの集団接種に関し、妊婦を優先接種の対象者とした。出産のため里帰りしている市外在住者も、住所地外接種の申請手続きをすれば対象となる。

 飯塚市では、事前に医師に相談して接種してもよいと言われている妊婦や、妊婦と同一世帯の人が対象。26日から予約受け付けを始め、28日から接種をスタートさせた。市によると、市内の妊婦は520人(26日現在)。接種会場は飯塚第1体育館(同市枝国)。予約は市のワクチン接種コールセンター=0800(200)9700。平日午前9時~午後5時、木曜は午後7時まで。希望日時などを聞き取り後、センターが折り返して接種の日時を案内する。

 嘉麻市では30日から予約できる。対象は妊婦と夫(パートナーを含む)。9月4日以降、順次接種を開始する。市によると、市内の妊婦は96人(26日現在)。事前に医師に相談して接種してよいか確認しておく必要がある。会場は市内4カ所。予約は市の新型コロナワクチンコールセンター=0948(42)7472(平日午前9時~午後4時半)。新型コロナワクチン接種予約サイトでは24時間受け付ける。

 (坂本公司、長松院ゆりか)

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR