変わりきれないジェンダー観

 14、15日付の本紙筑豊版の連載「炭鉱の戦士たち」で活用した「山野新聞」(三井山野鉱業所発行)。戦時下の炭鉱の様子を軍国主義的な文言で伝えたが、終戦後は楽しく読める記事も増える。

 1957年元日号には「もしも社長になったなら」の題で初夢座談会を企画した。鉱業所の従業員たちは「近くに三井のデパート...

残り 245文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR