菅氏が神経をとがらせる、岸田氏の「安倍・麻生」行脚

 9月17日告示、29日投開票の自民党総裁選を巡り、安倍晋三前首相と麻生太郎副総理兼財務相に熱い視線が注がれている。26日に出馬表明した岸田文雄前政調会長は30日、影響力の及ぶ配下を数多く持ち、互いに息を合わせる実力者の元を相次いで訪問。菅義偉首相も首相経験者2人の動向に神経をとがらせる。情勢を左右するキーパーソンたちは、現時点で首相支持の姿勢を崩していないが、苦悩も垣間見える。

 「(2人から)『頑張りなさい』といった言葉をいただいた」。この日夕、岸田氏は国会内にある安倍氏と麻生氏の事務所にそれぞれ足を運んだ後、記者団にこう語った。

 関係者によると、安倍氏には「憲法改正をしっかりやります」と伝え、麻生氏には幹事長など党役員の任期制限案について説明したという。いずれも両氏の歓心を買おうとする岸田氏の意図がうかがえる。...

残り 826文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR