総裁選、下村政調会長は出馬断念 支持広がらず「今の職務に専念」

 自民党総裁選に意欲を示していた下村博文政調会長が30日、出馬を断念する意向を表明した。新型コロナウイルス対策に責任を負う党三役を担ったままの出馬に異論が噴出。所属する最大派閥・細田派(96人)には出馬を強行すれば派内が割れる懸念も強く、頼みとする同派出身の安倍晋三前首相の支持も最後まで得られなかっ...

残り 569文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR