能を「大解剖」する舞台を企画 古典芸能の神髄追求する能楽師 今村嘉太郎さん

シン・フクオカ人 #49

 〈何かすごいけど、分からないと言われる。それを解き明かしたい〉

 福岡市早良区出身の観世流能楽師シテかたの今村嘉太郎(41)は「能は難しい」という先入観を取り払おうと、今年「福岡能楽大解剖」と題するワークショップを初めて企画した。舞やはやなど能の構成要素ごとに、7人の能楽師が魅力を紹介する全8回のシリーズ。9月5日に集大成となる舞台「羽衣」を同市内で上演する。...

残り 1274文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR