川辺川のダム大幅増額 ハンセン病対策で新事業 九州関連の概算要求

 国の2022年度予算編成に向け、各省庁の概算要求が31日、出そろった。九州に関連する主要な既存事業では、21年度当初予算とほぼ同じ水準の要求額が目立った。要求額が大幅に増えたのが、国土交通省が計画する熊本県・球磨川水系川辺川へのダム建設の関連費用だ。厚生労働省はハンセン病対策として、保管資料を充実...

残り 950文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR