「空気」変えるためSNSで発信 「カクワカ広島」田中美穂さんが語る未来

ネクストステップ 「核なき世界」を問う❸

 核兵器廃絶を目指す市民の運動が実を結び、今年1月、核兵器禁止条約が発効した。だが、ここはゴールではない。「核なき世界」の実現には、さらに息の長い取り組みが必要になる。それを担っていくのは、これからの未来をつくる若い世代だ。被爆地広島で活動する「核政策を知りたい広島若者有権者の会(カクワカ広島)」共同代表、田中美穂さん(26)に、若者と核兵器廃絶について聞いた。(聞き手は坪井映里香)

...

残り 3423文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR