マスクや画面越しで始業式 感染を懸念、集団登下校の中止も

 長崎県内の多くの小中学校で1日、始業式があった。新型コロナウイルスの感染が続く中、子どもたちはマスクを着けて級友との久しぶりの再会を喜んだ。

 まん延防止等重点措置が適用されている長崎市の桜町小では、児童たちが各教室にいながらの始業式となった。教室のモニター越しで野中正樹校長は「これからも感染対策とし...

残り 173文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR