強度行動障害 つながりが力に 親や支援者がオンラインでも会合

「親亡き後」見据えて(7)

 「ぶっつけ本番じゃ何もできない。環境の変化にもストレスを感じやすいので、簡易トイレや非常食の調理などに慣れるためのキャンプを企画しては」「通所施設は、備蓄や避難時の対応、ヘルパーは災害時にどの程度支援が可能かなど、事業所単位でのマニュアル作りを急いでほしい」…。

 8月下旬、強度行動障害のある子どもの親や支援者らがネット上でつながる「オンラインカフェ」。...

残り 1886文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR