平和を考える

 8月9日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で高校生が合唱する曲がある。長崎市の被爆50年に合わせて被爆2世の作曲家大島ミチルさんたちが制作した「千羽鶴」。千羽鶴を折りながら平和を祈る歌詞と、美しいメロディーが調和した歌だが、聴くたびに心がざわつく▼15年ほど前、取材で訪れた同市内の福祉施設。式典の中...

残り 202文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR