遊水地造成住民に賛否 球磨川流域国の治水策

 昨年7月の熊本豪雨で氾濫した球磨川流域の治水策として、国は洪水時に一時的に水をため、下流域の氾濫を抑制する遊水地を4市町村に造る計画を進めている。これまでの住民説明会で示されたのは、行政が土地を買収して整備する方式。遊水地整備が正式に決まれば住宅の移転や農地の引き渡しが求められ、なりわいや生活の拠...

残り 880文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR