九州の政界関係者、思惑が交錯 自民安堵、野党警戒も 首相退陣表明

 次期衆院選を目前に控えた突然の菅義偉首相の自民党総裁選不出馬表明に、九州の政界関係者の間ではさまざまな思惑が交錯した。

 「よくぞ決断してくれた」。北九州市内の自民現職山本幸三氏(福岡10区)の事務所で、陣営幹部は安堵(あんど)の表情を浮かべた。支援者から「菅氏では選挙を戦えない」との声が多かった...

残り 775文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR