鉄製コンテナ落下、畑に不時着…相次ぐ米軍機事故の理由

 住宅密集地の中にあり「世界一危険な米軍基地」といわれる普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の所属機による不時着や落下事故が6月以降、相次いでいる。けが人は出ていないが、コンテナ落下など大惨事につながりかねない事故が4件続き、県民の不安は強い。識者は「米中対立に伴う米軍の訓練激化が、事故頻発の背景にある」と指摘する。

 「激しい怒りを覚える。安全管理体制と機体の整備点検に深い疑念を抱いている」...

残り 1091文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR