臓器提供、コロナで4割減 病院側に余裕なく 移植待ち患者「つらい」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内の臓器提供件数が昨年、前年比4割減と大幅に減少した。流行が続いている今年も、持ち直す気配は見えない。コロナ対応で医療現場が余裕をなくし、家族に提供の意思を確認することもままならないためという。ただでさえ日本は海外より格段に提供が少なく、移植を待つ患者はいっそう複雑な思いを抱えている。

 「こんな状況だから仕方ない。でも先が見えないのはつらい」。心臓移植の待機登録をしている福岡市...

残り 1573文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR