ジャズ編<525>根源的な答え求めて

 福岡県添田町の永野孝弘(74)は天気のいい日は畑で農作業をしている。今の季節の主な収穫はトマトやナスだ。

 「自分の食べる分ですが、余った分は地元のレストランなどに無料で配っています」

 永野は病気のために58歳で添田町役場を退職し、その後から畑に出るようになった。野菜作りとそれを食べることは健康を考えてのことでもある。野菜と同じように、大事に育ててきたものがある。...

残り 819文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR