芹沢先生【詰まらない話 豊川孝弘48】

 僕は運よく西日本新聞にエッセーを書かせていただいているが、過去に将棋界でも2人の先生が本欄にエッセーを書かれていた。そのうちのお一人が故芹沢博文九段である。

 芹沢先生と言えば、僕にとっては大変威厳があり恐ろしい先生のひとりであった。芹沢先生の背広の裏地には大変派手な刺繍(ししゅう)が施されていて...

残り 683文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR