大山先生【詰まらない話 豊川孝弘49】

 過去に2人の将棋指しの先生がこちらでエッセーを書いているが、芹沢先生に続いてもうお一人が大山康晴十五世名人である。

 僕は残念ながら、直接大山先生と対戦させていただいたことはない。僕がプロ棋士になった翌年にA級に在籍のまま逝去された。だが僕が奨励会の修業時代には、大山先生の記録係を数多く取らせてい...

残り 671文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR