熊本城のエノキ倒したキノコ

 8月の記録的長雨の際、地盤の緩みによって倒れたとみられていた熊本城(熊本市中央区)のエノキの大木について、熊本城総合事務所は8日、ベッコウタケというキノコの一種が根元を腐らせていたことが主な原因だったとする調査結果を公表した。

 同事務所によると、エノキは長雨が続いていた8月13日に倒れた。当初は雨の影響とみられたが、...

残り 232文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR