阿蘇黄土の恵み今も 「阿蘇踏査の歩み」(48)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 阿蘇火山がカルデラ内にもたらした恵みの一つに「沼鉄鉱床(しょうてっこうしょう)」があります。数千年前まで湖だったことを物語る、褐鉄鉱(かってっこう)(リモナイト)の鉱床です。

 マグマの主成分の一つは鉄。その鉄分が湖水のバクテリアによって分解され、湖底に沈殿、生成されたものと考えられます。地元では「阿蘇黄土(おうど)」と呼ばれている黄褐色の粘土で、熊本県阿蘇市西部の平野部で産出されます。焼くと鮮やかな赤いベンガラ(顔料)になります。...

残り 842文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR