太陽光施設6カ所で土砂流出など異常 熊本県が緊急点検

 熊本県は8日、静岡県熱海市で発生した大規模土石流などを受けて実施した大規模盛り土造成地などの緊急点検の結果を公表した。建設中の太陽光発電施設6カ所で、下流への土砂流出や区域内の地盤沈下が確認されたと明らかにした。

 県によると、異常があった施設のうち4カ所では付近の林道や田んぼへの土砂流出が確認された...

残り 207文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR