立民、共産、社民、れいわ 衆院選共通政策に合意 国民は参加せず

 立憲民主、共産、社民、れいわ新選組の4野党党首は次期衆院選に向け、「原発のない脱炭素社会の追求」や消費税減税などを盛り込んだ共通政策に8日、合意した。4党はこれを基盤に、小選挙区で与野党対決の構図をつくりだすことを目指し、候補者一本化の作業を加速させる。国民民主党はこの日、共通政策を締結しない方針...

残り 671文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR