羽生・ア・ナイスデー!【詰まらない話 豊川孝弘50】

 思いもかけずエッセーを執筆させていただくことになり、かなり戸惑ってしまった。このようなエッセーを書いたことは一度もなく、僕は全くのド素人だったのだ。このエッセーは、表向きには僕の名前で書かれているが、連載中にはさまざまな方に助けていただいた。うっかり間違えて僕に声を掛けられたのかもしれないが、しっ...

残り 710文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR